簡単に脱毛といっても種類が複数あり、何を選べば良いのか分かりませんよね。

現在エステやクリニックで広く使われている脱毛方法は大まかに3種類ありますので違いを見て行きます。

脱毛方法の違い

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • レーザー脱毛(医療機関でのみ受けられます)
  • ニードル脱毛(電気脱毛)

光脱毛(フラッシュ脱毛)

毛根に光をあてることによって毛根自体に直接的なダメージを与える方法となります。

照射ごとにどんどん毛が細くなり目立たなくなります。そのため数回から10数回の期間をおいて光を照射する必要があります。男性の脇毛など、完全に脱毛はしたくないけど薄くしたいという使い方も可能です。

脱毛エステではフラッシュ脱毛が痛みも少なく、一度に光を照射できる範囲も広いために短い時間で脱毛ができるので主流となっています。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療機関にて施術が必要な方法です。

永久的な脱毛が可能なため人気ですが、比較的料金が高いというデメリットもあります。

レーザー光線は熱を集めやすいため効果が大きく、比較的短期間で永久脱毛が完了できるので人気の方法です。

ニードル脱毛(電気脱毛)

極細の針を毛穴に挿入して、その先に電気を流すことによって、毛を作る細胞を処理します。

光脱毛やレーザー脱毛と違い白髪や薄い毛にも対応でき、細かい脱毛処理が可能のためデザイン脱毛に適していると言えます。

ただし痛みが強く、値段も高いので現在は光脱毛(フラッシュ脱毛)が人気となっています。

家庭用脱毛器の主流もフラッシュ脱毛

自宅で脱毛する方法はいろいろありますが、効果が高く長期間脱毛ができるのは「フラッシュ脱毛」と言えます。自宅での脱毛はムダ毛を剃る方法や毛を抜くなど短期的なものがほとんどですが、フラッシュ脱毛を採用している家庭用脱毛器であれば長期的な脱毛が可能です。

初期投資は若干必要になりますが、脱毛効果が高く人気と言えます。エステと同様の効果が期待できる家庭用脱毛器ですが脱毛にかかる金額はエステに比べると驚くほど安いのが最大のメリットと言えます。

家庭用脱毛器ケノンが人気

家庭用脱毛器も種類は豊富で迷ってしまうと思いますが、人気は圧倒的に「ケノン」が独走状態と言えます。

脱毛エステと同じフラッシュ脱毛を手軽に行うことができ、高性能な家庭用脱毛器がエステに通う金額に比べわずかで済みます。全身脱毛も可能な為、エステと家庭用脱毛器ケノンで全身脱毛を比較すると掛かる金額の差が歴然とします。

脱毛エステに通うのが大変、最終的に料金が高くなりそうで不安、見られるのが恥ずかしいなどを悩んでいる人には家庭用脱毛器ケノン一択と言えるでしょう。

脱毛サロンに通うのは大変

私の奥さんも以前に脱毛エステに通っていましたが、予約がなかなか取れないので最終的に断念しました。通う場所も自宅からかなりの距離にあったのでエステに通うのも1日がかりの状況だったのです。

施術が痛いとか恥ずかしい、料金が高いこともありましたが結果的には予約が取りずらい事と場所が遠いことが辞めてしまう最大の原因だったのです。

ケノンを購入して一番喜んだのは、脱毛に苦労してきた奥さんでした、私が脱毛のためにケノンを購入したいと言い出したときに大賛成をしてくれたのは、脱毛サロンで苦労した過去があったからでした。

今は私と奥さんでケノンを取り合いで使っています、こんな便利な脱毛器があるのなら、もっと早くに導入すれば良かったと反省しています。

使って分かる脱毛器ケノンの良さ、間違いなくイチオシですよ。